頭に突き刺さってきたものを、reblogしております。

(megazalから)



“此の間電車でOLが酔っ払って良い笑顔でつぶやいてた。『金曜日って。。金曜日っていいよねー』あんた最高だよ”


坪内 『坊っちゃん』は、どのバージョンがベストですか。

祖父江 今なら新潮文庫。一番いいのは、文庫じゃないけど岩波「漱石全集」の中の「坊っちやん」がベストです。

角田 へぇ。

祖父江 「つ」が小書きで「や」が並字の「坊っちやん」です。書体と組み方でいえば、昭和三年の全集のものがしなやかな9ポイント活字で美しいです。角田さんは書体とか気になりません?

角田 そんなに意識しないんですけど、書体で覚えているということがありますね、確かに。この字の並びを見ると、「赤頭巾ちゃん」の字だとか。

坪内 やはりなじんでいる書体ってあるでしょう。

角田 はい。

坪内 僕は岩波文庫の書体、好きなんですよ。岩波文庫で出ている作品と講談社文芸文庫は重なったりする。たとえば荷風の『日和下駄』だとか。すると、やはり和波のほうがいいんだよね。



“漫画家!?珍しい職業ですね!と言った人の職業が羊飼いで困惑”


“部屋が綺麗な人は、ここに閉まったから、あの道具はここにある、という探しかたをするんだけど、汚い人は、俺ならこの辺にあの道具を置きたがる、という過去の自分との心理戦をやる”

 —Twitter / maruLoop (via rpm99)

(katoyuuから)



“「おとうさん、きょうりゅうとかいじゅうはどうちがうの?」と聞かれたので「怪獣には著作権があるんだよ」と返した瞬間の「また、めんどくさい話をはじめようとしているのでは?」という一抹の不安が長女の顔に一瞬だけよぎったのを父は見ました。”


“バーで若いバーテンダーナンパするような女じゃないもん(つ(エ)⊂)シクシク 共通の友達がきっかけで知り合っただけだもん、新聞の嘘つき(;(エ);)”








(gkojaxから)









(udongergeから)